ヒストリー

「豊かさという名の大海原へ」
船出からその度を振り返る、長くそしてワールドワイドな物語

明治海運グループが設立された頃、海運業の日本における中心は神戸にありました。
私たちは、創業の地、神戸で急速な成長を遂げ、大正10年には、本社ビルを建設するに至りました。この明海ビルには、神戸海運集会所、日本船主協会、海運業組合、ロイドレジスター等の名立たる海運関係機関がテナントとして入居しました。
私たちの本拠地は、まさに日本海運の中心として機能し、それに呼応するように明治海運グループも成長を遂げたのです。

  • 明治海運株式会社の登記上の本社は現在も神戸市ですが、本社機能は事実上、東京本部に移管しております。

1911年~1950年

1911年~1914年 創立と創業期の業況
1914年~1919年 第一次世界大戦当時
1919年~1932年 不況期における雌伏
1932年~1941年 堅実な歩み
1941年~1945年 第二次大戦による打撃
1945年~1950年 戦後再建の出発

1950年~1984年

1950年~1956年 復興への積極的前進
1956年~1964年 新たな発展
1964年~1967年 集約参加と再建の達成
1967年~1972年 社業の躍進
1972年~1974年 不況への転機
1974年~1978年 構造不況の重圧
1978年~1984年 減量経営により安定へ

1984年~2001年

1984年~1992年 グループ会社の充実と21世紀への布石
1992年~2001年 グローバルパートナーシップの時代へ

2001年~

2001年~ 第3創成期へ

社史「Over the Waves ~明治海運100年のあゆみ~」はこちらからご覧いただけます。