海運業(船舶保有業)

明治海運グループの事業の根幹は、常に海運業にあります。
1911年の創業から100余年の歴史の中で培った運航実績と顧客との強固な信頼関係をもとに、大型原油タンカー、石油化学製品タンカー、LPGタンカー、自動車専用船、大型コンテナ船、木材チップ専用船、ばら積み船等の多種多様な船舶を保有しており、これらの船舶を、国内外の有力海運会社や大手石油会社等と中・長期傭船契約を締結のうえ50隻前後の船隊を保有運航しています。
2019年には、当社初となるLNG船の保有運航にも参入を予定しております。シンガポールとオランダにも拠点開設し船主部門に従事する半数以上の人員を海外に配置しており国際市場にも積極的に挑戦しております。

私たちは、より安全・高品質で、より経済的な選択肢をお客様に提供するとともに、積極的な新造船発注を継続的に行うことで、さらなるフリートの拡充と新鋭化を推進し、時代の要請にお応えすることをその使命と考えております。安定した経営を第一に、これからも常に時代の変化に対応しながら、多様な船舶ニーズに応えてまいります。

TANKER

VLCC

VLCC

Aframax

Aframax

LR

LR

MR

MR

VLGC

VLGC

BULK CARRIER

Capesize

Capesize

Kamsarmax

Kamsarmax

Supramax

Supramax

OTHER

PCTC

Pure Car Carrier

Container Carrier

Container Carrier

WCC

Wood Chip Carrier